ご意見はこちら
県委員長が行く ぶらり信州温泉紀行

県委員長が行くぶらり信州温泉紀行① 生活の中に温泉がある

麻釜

はじめに

信州は、まぎれもなく温泉大国。温泉地数は北海道についで全国2位、温泉を使った公衆浴場数、足湯数は全国トップ(日本温泉総合研究所の調査)。さらに、信州には、日本にある10種類の温泉の泉質すべてがそろっているのだ。
温泉も多種多様で、強アルカリ性から強酸性の温泉、景色が抜群の温泉、昭和レトロな温泉、家族みんなで楽しめる温泉などなどが迎えてくれる。

2010年から日本共産党長野県委員会で働きはじめ、その仕事柄から、信州全域を走り回っている。県内を訪ねた合間に、数多くの温泉にお世話になった。また、子育て中も、休みがとれると、子どもを連れて温泉めぐりをしてきた。
偶然、共産党県委員会が発行している月刊誌「民主長野」に、「共産党県委員長がいく 信州温泉紀行」として温泉紹介の記事を連載で掲載することになり、このコーナーは、その連載に加筆して、地域ごとにまとめ直したものである。

私自身、高卒まで、大阪生まれの大阪育ちだった。それこそ、温泉とは縁のない生活だった。中学生のときに、社会研修で、戸隠や黒部ダムなどにきて、信州の自然に感動して、その時に衝撃が心に残り、迷わず、大学は信州大学に決めた。信州の温泉との出会いもそこからだった。信州大学に入学して、最初の下宿は松本市浅間温泉だったことも、今思えば、温泉との長い縁のはじまりだった。
生活の中に温泉がある、都会からすれば、こんなにうらやましいことはない。

なお、この書で紹介する温泉は、私自身の主観であり、共産党の政策などとは一切かかわりがないことも言っておきたい。温泉施設をめぐっては、自治体レベルでは、税金の使い方などをめぐって問題もあるからだ。あくまでも、温泉に魅了され、温泉を楽しみたい、みんなにも楽しんでほしい、その思いだけではじめた連載である。
ぜひ、日本の誇る温泉県、信州の温泉を楽しむ上で、参考になれば幸いだ。(写真は、野沢温泉の麻釜)

(更新日: 2019年02月20日)

記事一覧へ

page top